最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

  • 60 読みたい
  • 45 現在読んでいるもの

発行元 門田 隆将 .

    Download 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 本 Epub や Pdf 無料, 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日, オンラインで書籍をダウンロードする 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 無料で, 本の無料読書 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  門田隆将
    • 発売日:  2016年03月11日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000006435
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2011年3月11日、福島第一原発事故。暴走する原子炉。それは現場にいた人たちにとって、まさに「死の淵」だった。それは自らの「死の淵」だけではなく、故郷と日本という国の「死の淵」でもあった。このままでは故郷は壊滅し、日本は「三分割」される。使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いをつづけた男たちは、なにを思って電源が喪失された暗闇の原発内部へと突入しつづけたのか。また、政府の対応は……。「死」を覚悟しなければならない極限の場面に表れる、人間の弱さと強さ。あの時、何が起き、何を思い、どう闘ったのか。原発事故の真相がついに明らかになる。菅直人、班目春樹、吉田昌郎をはじめとした東電関係者、自衛隊、地元の人間など、70名以上の証言をもとに記した、渾身のノンフィクション。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 by 門田 隆将 ダウンロード PDF EPUB F2

年々、事故や重大なトラブルが起き、対処が必要なときに距離を置く人が多くなってきているなか
、そこに対応を頑張る人がいたのは運が良かったと思います。
理由があって離れた人も、現場を気にしていて可能な限り支援されたようです。