最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将 (PHP文庫)

  • 32 読みたい
  • 6 現在読んでいるもの

発行元 森本繁 .

    Download 宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将 (PHP文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将 (PHP文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将 (PHP文庫) 無料で, 本の無料読書 宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将 (PHP文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将 (PHP文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  黒部亨
    • レーベル:  PHP文庫
    • 発売日:  2017年06月30日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000007734
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    斎藤道三、松永久秀と並び戦国の梟雄と称される宇喜多直家。子の秀家は、後に秀吉に寵され西国を代表する大名に成長する。その礎を築いたのが直家であった。本書は、信長の中国攻めの先鋒であった秀吉も恐れたという希代の謀将の、数奇な生涯を綴る長編小説である。備前国の守護代・浦上氏の重臣であった祖父・能家は、主家をよく守り立てる篤志家であったが、同僚の突然の裏切りによって、一家は離散の憂き目に遭う。死を前にした祖父に、不甲斐ない父に代わってお家再興を託された直家。追及の手を逃れるため、彼は備前福岡の地で不遇の少年時代を強いられるが、やがて、生母の執り成しで再び浦上家に仕えることになった。初陣で功を成し、念願のお家再興を果たした直家は、以後、権謀術数を弄して備前・美作の諸将を倒し、主家をも追放して山陽の要衝の地を制するのである。不遇の身から一代で大名に伸し上がった男の本懐を、人間味溢れる筆致で描く力作。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将 (PHP文庫) by 森本繁 ダウンロード PDF EPUB F2

地元の人物であり、慣れ親しんだ地名も多く終始面白かった。
直家は、悪党と言われる事が多いと思いますが、様々な謀略を尽くし、戦に勝ち続け、父祖の無念を晴らし、大出世を遂げた素晴らしい人物です。
彼の立てる作戦には、少ない労力で最大の効果を発揮するという考えが随所に表れていて、とある戦いでは何倍もの敵兵力に大勝利しています。これは「宇喜多家の桶狭間」と言えるのではないでしょうか。
主君との軋轢もよく描かれていて、双方の駆け引きが面白いです。
直家がいろんな場面で苦慮しているのを読むと、戦いや主命を実行する際は手段を選ばず非情である一方、功臣や譜代の家来・妻・側室に対してはよく気遣い思いやる面もあり、上手に自分のキャラクターを使い分けてるように思います。
大河ドラマで見てみたいです。