最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

漫画家、パーキンソン病になる。 (ぶんか社コミックス)

  • 65 読みたい
  • 42 現在読んでいるもの

発行元 山本まゆり .

    Download 漫画家、パーキンソン病になる。 (ぶんか社コミックス) 本 Epub や Pdf 無料, 漫画家、パーキンソン病になる。 (ぶんか社コミックス), オンラインで書籍をダウンロードする 漫画家、パーキンソン病になる。 (ぶんか社コミックス) 無料で, 本の無料読書 漫画家、パーキンソン病になる。 (ぶんか社コミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 漫画家、パーキンソン病になる。 (ぶんか社コミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  島津郷子
    • シリーズ名:  漫画家、パーキンソン病になる。
    • 発売日:  2017年02月16日
    • 出版社:  ぶんか社
    • 商品番号:  4914250140001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    女性コミック誌『YOU』で「ナース・ステーション」という作品を10年以上にわたり連載していた人気作家が人気絶頂期に異変。休載を余儀なくされ、ドクターショッピングの末、ついにパーキンソン病と診断。入院や薬物療法から、脳への電極埋め込み手術を受けるまでを余すところなく描いた渾身のエッセイ。手術後の現在も声は出ず、歩行も困難な著者が、進行していく病と向き合いながら、震える手で、ペンを握りしめ、描き、生きる姿に涙が止まらない感動の一冊です。

あなたも好きかもしれません

漫画家、パーキンソン病になる。 by 山本まゆり ダウンロード PDF EPUB F2

脳への埋め込み手術が局部麻酔だったことに一番の衝撃を受けました
こちらの予想していた通りのものでした。良かったです。どうもありがとうございました。
親しくしている親族が同じ病を診断されたので、タイトルが気にかかり手に取りました。
漫画なので読みやすかったです。
人それぞれ病状は違い、また同じような病状や境遇となっても受け取め方が違うんだなと感じました。
ストーリーとしてのまとまりはあまりなく、筋も一貫していないのですが、そのまとまりの無さこそがリアリティがあると思いました。
病気についてくわしく知りたい、客観的に情報を得たい方にはおすすめしません。
漫画という手法を使ったドキュメンタリーとしておすすめします。